英語を話せないのが現状

日本ではたいしていち早くからEnglishの指南が始まります。世界中もこれほどいち早くからEnglishの指南が始まる国家はあまりありません。
中学からはじまり、ハイスクール、カレッジと学習すれば10世代として、言葉を10世代も学習していれば喋れると考えるのが普通です。
では、カレッジまでEnglish指南を受けた生徒はEnglishを喋れるのでしょうか?
残念ながらほとんどの生徒はEnglishを話せないのが現状です。
正に私の周りにカレッジまでEnglish指南を通してきてEnglishを話せない輩がほとんどで、しかも私もそのセルフだ。
私のケース、中学からEnglishの指南を通して、ハイスクール受験でEnglish箇条があり、もう一度ハイスクールもEnglishが必須の教科でした。
無論カレッジに入学する際にもEnglishは要求箇条でしたので、受験回答としても高度な英文法を学習してきました。
何で、これ程English指南を通してきたのにEnglishを話せないのか?これはボク自己受け取るお尋ねだ。
今までの指南を振り返ってみると、どのEnglishの教官も黒板を使い、机上のみの練習しかたしか行っていませんでした。
随時、外人教師が招かれて教科を受けることもありましたが、世代に数回しかなく、これではEnglishが語れる様にはなりませんよね。
絶えず、英文法と格闘する授業。日本語で言うならば国語の授業を10通年続けてきた様なものです。
こういう10通年、Englishを訊く、話す力量を磨いていればおよそEnglishが話せるようになっていたことでしょう。