予測できない地震に対して

災害応対は、できるだけ覚えておきたい意味の一つだ。
地震は何時目覚めるか予期できませんし、災害応対の方法で重要が使える可能性が高くなるのです。
とにかく、揺れを感じたらルームや玄関の戸を開けておきます。
地震で家が傾いたりすると、ルームや玄関の戸がゆがんで開かなくなることがあります。
逃げ道を確保するという点において、災害応対の取り分け、これは最も重要なことであるといえるでしょう。
地震が起こると慌てて外に飛び出す人も多いのですが、これも災害応対としてはからきし良い方法ではありません。
落下売り物や倒壊の危険を除けるためにも、院内で僅か見た目をみます。
揺れがひどくなってきたら、見た目をみながら外に出ましょう。
高層住宅では、災害応対として早めに避難アラートを出す場合もあります。
自治会の人の命令に従い、速やかに避難ください。
こういう一瞬、落下物を控えるために座布団などで意識を覆います。
厚手の帽子もよいので、災害応対を兼ねて一つは持っておくと便利です。
屋外に出たら、とことん引き取り手がひとかたまりになるように移動します。
少ない幼児は抱き上げて移転し、避難場所のどこにいるのかをあらかじめ打ち合わせしておくようにしましょう。